5年生保護者様向けオンラインお悩み相談会

9月13日に「5年生の保護者」の皆様から事前に頂きました
5つの質問に安浪・青山がお答えしました。

2つ目の質問の答えは、有料会員でない皆様にもご覧いただけます

〇1つ目 
算数に苦手意識があり、計算に拒否反応を示す。処理速度が遅く、テストで最後まで解ききれない。
夏期講習はとてもよく頑張り、マンスリーも過去最高の成績だったが、翌週からパッタリ勉強しなくなった。
頑張れば志望校は夢じゃないといってもダメで、怒るのは逆効果と思いつつ怒ってしまう。
やらない波の時に親はどう対応すれば良いか?

〇2つ目
4年生は上位ブロックにいたが、成績が落ちてきた。
本人は算数が好きで塾の課題はきちんとやっているが、4年生の時のような勢いはない。
理科は生物が苦手。

塾では5年最後の立ち位置が6年最後の立ち位置と聞いたが、今の勉強法のままでは成績が落ちるのではないかと不安。
志望校はまだないが、算数偏差値60以上、理科偏差値55以上、4科偏差値60以上が目標。

勉強はほぼ本人任せで、スケジュールは相談して決めている。
 
〇3つ目
コロナ休校明けの塾内模試の結果が悪く、父親にやる気がないと言われ、先生も友達も大好きだった塾をやめさせてしまう結果になった。
子ども本人は中学受験したいと思っており、今はZ会と問題集などを買って勉強をしている。

頑張る姿を見て、主人は塾に行ってもいいと言い始め、本人も元の塾に戻りたいと言っているが、母私的には、やめた塾に戻るのはイヤ。
 
〇4つ目
塾から夏休みは算数に特化するよう言われたたが、苦手な国語に注力するため、個別指導を追加した。
しかし、内容的には塾の指導とあまり変わりがないように見える。

「ふくしま式」や「新小学問題集」などお勧めテキストは色々あるようだが、読解力をつけるために何をすれば良いか。
 
〇5つ目
渋幕志望の女子。
4年生の間は親元を離れ山村留学しており、今年から本格的な受験勉強をスタート。

算数が大好きだが、6月の模試で計算力の低下が判明したが、負けず嫌いで塾は楽しいと言っている。
今から計算力云々言っている状態で、最難関を目指すのは無謀ではないか。

以下、有料会員様向けの全編動画です