5年相談会「理解力を高める方法」

理解力を育てるために親ができることは?
小5女子ママ
5年生は、単元内容が複雑になり抽象化思考ができないと、理解して進めていくのが難しいと聞く。
理解できるようになる時期にも差があり、能力の差ではなく成長の度合いという捉え方でよいか。
現時点での完璧な理解をつい目指してしまうこともあるが、その力をなるべく育てるよう親ができることはあるか。

 

6月16日に「5年生の保護者」の皆様から事前と当日に頂きました質問に、
安浪・富田・青山がお答えしました。
本日は前半部分をお届けします。

4個目の質問の答えは、有料会員でない皆様にもご覧いただけます。

※ 投稿者による削除で、掲示板番号が小さい数字にずれている可能性があります。

1個目 
「掲示板63
日能研で3クラス中、真ん中に在籍。国語の授業が語句だけでいつも総時間の半分を越えている。
個人面談期間にクラス担任の先生(算数担当)に相談したところ、「読解は6年生で丁寧にやるので、いまは語句中心で大丈夫です」との回答。
家庭で読解の理解をしっかり補うべきか。

2個目 
「掲示板64
5年生は、単元内容が複雑になり抽象化思考ができないと、理解して進めていくのが難しいと聞く。
理解できるようになる時期にも差があり、能力の差ではなく成長の度合いという捉え方でよいか。
現時点での完璧な理解をつい目指してしまうこともあるが、その力をなるべく育てるよう親ができることはあるか。

3個目 公開対策と足場固め、どちらが大切か/宿題の進め方
「掲示板65
馬渕女子。
3年生から塾に通っており、今回初めて下のクラスにダウンした。
本人のモチベーションの為にも、次回の公開模試対策を優先した方が良いか。
それとも、焦らずに目の前の日々の宿題を出来るだけしっかり消化していく事を優先する方が良いか。
また、今までは通塾ギリギリまで宿題をやっていたが、通塾の次の日に宿題を終わらせるようなスケジュールに変えた方が良いか。

以下、有料会員様向けの全編動画です