5年相談会「公式より根本的な理解が大事?」

公式に当てはめず根本的に理解させるには?
小5女子ママ
割合や速さを学習しているところだが、学校の速さの学習では、いわゆる『きはじ』などを習ってくる。
公式に当てはめることよりも、割合って、どういうことなの?という根本的な理解が大事だと思うが、どのような教え方がよいのか。

 

10月25日に「5年生の保護者」の皆様から事前と当日に頂きました質問に、
安浪・富田・青山がお答えしました。

2個目の質問の答えは、有料会員でない皆様にもご覧いただけます。

※ 投稿者による削除で、掲示板番号が小さい数字にずれている可能性があります。

〇1個目 
「掲示板81」
グレーゾーンの息子について。
塾の立ち位置から御三家を狙え!と言われているようだが息子が楽しく通えるイメージがつかない。
またグレーゾーンの子にあった学校選びのポイントが知りたい。
また、勉強面は先生の面倒見のよさで成績も安定し楽しく通っているが、普段の生活面は目が当てれないほど酷く、衝突が絶えない。
勉強も大事だが生活力も大事なので、どこで折り合いをつけるか悩んでいる。

〇2個目 
「掲示板82」
割合や速さを学習しているところだが、学校の速さの学習では、いわゆる『きはじ』などを習ってくる。
公式に当てはめることよりも、割合って、どういうことなの?という根本的な理解が大事だと思うが、どのような教え方がよいのか。

〇3個目 
「掲示板83」
早稲田アカデミーSSクラス。
夏期講習は国語と算数の2科目で出席したが、国語のあまりの演習、宿題の多さに疑問を感じた。
宿題と授業合わせて、読解を毎日3題~4題くらいやっていた。
本人はとてもマイペースで几帳面な性格で、適量を丁寧にやりたいと思っているが、拘束時間も長い中で、大量の読解の振り返りや宿題にどのようの取り組むのが良いのか。

〇4個目 
「掲示板84」
日能研Aクラス女子。
授業の時間配分が短くても、前席の優秀な生徒さん達は先生の発言のポイントをどんどんノートに書き留めているそうで、娘にもより積極的な授業参加を促された。
元々ポイントが分からない娘には難しい作業なのか、ノートに変化は見られない。
その後、数週間自宅で動画配信授業で学ぶ期間があり、配信では読解の時間配分が多く、板書も併用され、やはり娘にはノートが取り易かった様子。
国語だけ通塾ではなく配信で学ぶ方式に切り替えた方が、娘には良いのではと思い始めました。

〇5個目 
「掲示板85」
通塾せずに通信教材で受験勉強をしており、志望校は神奈川女子最高峰。
自宅近辺の交通の便が悪いことと習い事を続けたいという理由で、通信教材での受験勉強を選択したが、このまま最後まで通塾せずに志望校を目指すとするなら、どういったことに注意を払っていけばいいか。
出来ればこのまま、通信での勉強を続けて、6年生の秋から志望校別対策コースで通塾出来ればと思っています。
志望校では国語の問題で長文の記述問題が出題されるが、その対策として今から出来ることはどんなことがあるか。

6個目 
「当日質問」
問題文を読むのに、時間がかかっているようで、塾、最近、国語だけでなく、理科や社会も問題が終わらなくなり、最近はテストでも終わらなくなってきた。
塾の国語の時間に黙読時間があるが、制限時間内では半分しか読めない。
問題文を読む時間を短くするには、どうすればいいか。

7個目
「当日質問」
2学期に入ってから、公開テストが難しくなり、算数にかける時間配分が増えた。
理科や社会の知識を記憶する時間管理のコツを教えて欲しい。
歯磨きや食事、車での移動時間など、隙間時間を活用しているが、記憶の定着には不安がある。
また、算数の重要単元(割合、速度、売買損益、底辺比や面積比)の難度の高い問題は、質とともに、量をさせた方が効果的なのか。理科の計算問題にも通じるのか。

以下、有料会員様向けの全編動画です