5月は最初の正念場です

中学受験暦 5つの区分

中学受験のスタートはご家庭それぞれですが、中学受験暦は以下の5つ 

  1. 5年生以下
  2. 6年生27
  3. 6年生夏休み
  4. 6年生秋
  5. 6年生直前期

 に区分されます。

「うちは4年生ですでに焦ってますが…」「5年生になって一気に大変になった!」と意見は色々あると思いますが、逆にいえば、それほど6年生の一年間は時期によって取り組む内容が異なるという事です。

一方、中学受験の一年間をさらに細分化すると

  • 23
  • 4月~GWまで
  • GW明け~7
  • 夏休み
  • 912
  • 冬休み~1月末

 となります。

GW明け~7月とはどのような時期か

塾の新年度が始まりレベル・量ともにハードになって“あっぷあっぷ”だった23月、小学校での新生活と勉強の両立で疲弊する4月~GWを経て、このGW明け~7月は「最もダレる時期」となります。

小学校では運動会や修学旅行があるとはいえ、中学受験の勉強においてはこれから2か月半は、特に大きな起伏はありません。
6年生は大型模試や特訓授業などで忙しくはなりますが、日々取り組む勉強は同じです。

また、どの学年もGW明けあたりから学習内容が1ランク難しくなります。
受験などまだまだ先で我が事とは程遠いこの時期に、メリハリのない日々の中で難しくなった課題に向かうのは、小学生のみならず、大人にとってもかなり大変なことです。

どのように過ごすのがベターか


安浪京子メッセージの最新記事